スポンサーリンク

小沢健二 (おざわけんじ) 1stアルバム『犬は吠えるがキャラバンは進む』(1993年9月29日発売) 高画質CDジャケット画像

小沢健二 (おざわけんじ) 1stアルバム『犬は吠えるがキャラバンは進む』(1993年9月29日発売) 高画質CDジャケット画像

スポンサードリンク

『犬は吠えるがキャラバンは進む』(いぬはほえるがきゃらばんはすすむ)は、 小沢健二のファーストアルバム。1993年9月29日に東芝EMIより発売。その後1997年7月24日、『dogs』と改題された。2002年2月6日、『Eclectic』の発売に先駆けて再発売(商品番号や価格は同じ)された。

解説

  • ソロデビュー後初となるオリジナルアルバム。
  • フリッパーズ・ギターの頃とは異なるシンプルなサウンドと、フリッパーズ・ギターの頃と同様の複雑な歌詞が特徴。
  • 『犬は吠えるがキャラバンは進む』と『dogs』とでは、ジャケットデザインなど音源以外のみが異なる。また、前者には書かれていたライナーノーツが後者では削除されている。
  • 『dogs』のジャケットデザインは、『夢が夢なら』以来の平野敬子によるデザインで、白いジャケットに蛍光ピンクと蛍光イエローの透明な板が入っただけ、というシンプルなものに仕上がっている。
  • 『犬は吠えるがキャラバンは進む』の帯は2種類ある。当初発売されたものは赤地に白字というものであったが、『戦場のボーイズ・ライフ』発売以降に出荷されたものは白字に黒字というものであった。後者には、本作に対して「’94年服部良一音楽賞受賞作」という表記がある。

高画質ジャケット画像

TOCT-8183

自分が持ってるCDのジャケットをスキャンしました。

画像サイズ:1887 × 1887 (画像をクリックすると大きな画像が見られます。)

小沢健二 (おざわけんじ) 1stアルバム『犬は吠えるがキャラバンは進む』(1993年9月29日発売) 高画質CDジャケット画像

小沢健二 (おざわけんじ) 1stアルバム『犬は吠えるがキャラバンは進む』(1993年9月29日発売) 高画質CDジャケット画像

 

Amazonで、『犬は吠えるがキャラバンは進む』を購入する。

犬は吠えるがキャラバンは進む

新品価格
¥11,280から
(2019/6/18 20:05時点)

楽天市場で、『犬は吠えるがキャラバンは進む』を購入する。

ブックオフオンライン楽天市場店

【中古】 犬は吠えるがキャラバンは進む /小沢健二 【中古】afb

価格:1,099円
(2019/6/18 20:08時点)
感想(1件)

歌詞

『昨日と今日』の歌詞 (https://ameblo.jp/happy-like-honeybee/entry-12482828123.html)

『天気読み』の歌詞 (https://ameblo.jp/happy-like-honeybee/entry-12482836817.html)

『暗闇から手を伸ばせ』の歌詞 (https://ameblo.jp/happy-like-honeybee/entry-12482862633.html)

『地上の夜』の歌詞 (https://ameblo.jp/happy-like-honeybee/entry-12482866795.html)

『向日葵はゆれるまま』の歌詞 (https://ameblo.jp/happy-like-honeybee/entry-12482870412.html)

『カウボーイ疾走』の歌詞 (https://ameblo.jp/happy-like-honeybee/entry-12482876442.html)

『天使たちのシーン』の歌詞 (https://ameblo.jp/happy-like-honeybee/entry-12482884103.html)

『ローラースケート・パーク』の歌詞 (https://ameblo.jp/happy-like-honeybee/entry-12482887450.html)

雑談

【2017年3月9日更新】

このブログは、iTunesなどのアルバムアートワーク設定などに役に立つように、CDのジャケット画像を載せていってるだけのブログです。

載せてるCDは、現在、このブログの管理人が持ってるCDジャケットを載せていっているだけという、かなりニッチなブログになっています。

まぁ、ただジャケット画像を載せていってるだけだと、Googleさんに嫌われてしまうという事なので、多少オリジナルの文章も載せていきます。

今回、この、小沢健二 (おざわけんじ)の、『犬は吠えるがキャラバンは進む』のジャケット画像を、今回紹介した理由は、先日の2017年2月22日に、19年ぶりにいきなり発売された、小沢健二 (おざわけんじ)のNEWシングル『流動体について』を、購入し、小沢健二 (おざわけんじ)でかなりテンションが上がったからです。

私は2016年のツアー『魔法的』にも参加し、小沢健二はやっぱり只者ではない。と言う事を確信し、このツアーの音源は絶対ほしいと思っていたので、こっそりライブ中にiPhoneで録音したもの (本当はダメ。絶対)の、iPhoneが壊れてデータが消えてしまい、このツアーで演奏された新曲のCDが出る事を非常に期待していたのだ。

まぁ、本当は、他の曲、『フクロウの声が聞こえる』とかの方が印象に残っていたのだけれども、この、『流動体について』だけでも、CDで手に入れる事が出来て非常に嬉しい。

昨日 (2017年2月24日)には、小沢健二はミュージックステーションに出演し、でタモさんと、オザケンが話している姿を久しぶりに見て、非常に嬉しく思った。

あら、全くこの、『犬は吠えるがキャラバンは進む』とは関係のない前振りを書いてしまったが、今回紹介する『犬は吠えるがキャラバンは進む』も、小沢健二 (おざわけんじ)のコアなファンには、非常に好かれていて、名盤とされている。

やはり、『今夜はブギー・バック』、『ぼくらが旅に出る理由』、『ラブリー』など、有名曲が収録された2ndアルバムの『LIFE』の方が、まず一枚、小沢健二を1枚聴くならこれだ。と言う様なアルバムだった訳だけど、ずっと聴いていても聴き飽きないこちらの『犬は吠えるがキャラバンは進む』も、非常にオススメです。

とは言っても現在中古市場ではレアになって高額になっている模様・・・。

そんな方に朗報。

『犬は吠えるがキャラバンは進む』近日、再発売されるそうです!!

小沢健二 (おざわけんじ)の名盤『犬は吠えるがキャラバンは進む』が再発されるらしい。中古で高いの買わなくてもオッケーよ♪

小山田圭吾は、このCDを聴いて、「尾崎豊みたいだ。」

『犬は吠えるがキャラバンは進む』は、THE FLIPPER’S GUITAR解散後、小山田圭吾 (おやまだけいご)が、聴いて「尾崎豊 (おざきゆたか)みたいだ。なんでこうなっちゃったんだろう。」と言ってたCD。

言われてみたらそんな気もする。

尾崎豊 (おざきゆたか)が好きな僕としたら、

なぜ小沢健二が好きなのか。尾崎豊に似てるからなんじゃないか?とすら思ってしまう。

0

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です