スポンサーリンク

B’z (ビーズ) 13thシングル『裸足の女神』(1993年6月2日発売) 高画質CDジャケット画像 (ジャケ写)

B'z (ビーズ) 13thシングル『裸足の女神』(1993年6月2日発売) 高画質CDジャケット画像 (ジャケ写)

スポンサードリンク

「裸足の女神」(はだしのめがみ)は、日本の音楽ユニット・B’zの楽曲。1993年6月2日にBMGルームスより13作目のシングルとして発売された。

概要

前作『愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない』から約3か月ぶりに発売されたシングルである。『ALONE』の頃から使われたB’zロゴマークの最後のシングル。

オリコンチャートでは、当時のビーイングブームに乗り2週連続の1位を獲得。前作に続き2作連続の初動70万枚越えとなり、ピンク・レディーの5作連続ミリオンセラーを破り、6作連続のミリオンヒットとなった。1993年の年間シングルチャートでも5位(前作が2位)となり、前作と共にトップ10入りを果たした。B’zの中で、売上が4番目に多いシングルである。

ジャケットは「日本ではあの雰囲気は出せないから」という理由でハワイで撮影された。

2003年3月26日にリマスタリング、12cm化で再発売された。

収録曲

  1. 裸足の女神(4:28)
    前作のシングルと同時期に制作されており、アルバムツアー『B’z LIVE-GYM ’93 “RUN”』でも披露された。
    前作同様オリジナル・アルバムへの収録はなく、1998年のベスト・アルバム『B’z The Best “Pleasure”』でようやくアルバム初収録となった。
    松本はこの曲について「前作『愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない』がマイナー・メロディのB’zサウンドの王道を極めているとしたら、この曲はメジャー・コードの僕らのすべてって感じかな」と語っている。
    発売当時にテレビでは披露されず、その後も披露する機会がなかったが、『B’z The Best XXV 1988-1998』及び、『B’z The Best XXV 1999-2012』のプロモーションで出演した2013年6月14日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』で、「LOVE PHANTOM」、「ultra soul」とのメドレーで、発売から20年越しでテレビ初披露となった。
    ライブではアンコールで披露されることが多い。なお、2002年に行ったツアー『B’z LIVE-GYM 2002 “GREEN 〜GO★FIGHT★WIN〜”』では、B’zの2人きりによるアコースティック・バージョンで披露され、『B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-』と『SUMMER SONIC 2019』では前半をアコースティックで、ギターソロ以降はノーマルバージョンで演奏するアレンジで披露した。
    B’zのサポートメンバーも務めるシェーン・ガラースが、自身のアルバム『Primer』でカバーしている。
  2. KARA・KARA(3:46)
    オリジナル・アルバムには未収録であるが、マスト・アルバム『B’z The “Mixture”』にMixture mixが収録されている。

タイアップ

トヨタ「カローラレビン」AE100/AE101後期型・CMソング (#1)

引用元:Wikipedia (https://ja.wikipedia.org/wiki/裸足の女神)

高画質CDジャケット画像 (ジャケ写)

BMDR-1004 (8cmシングルCD)

画像サイズ:774 x 1500 (画像をクリックすると大きな画像が見られます。RGB jpg画像)

B'z (ビーズ) 13thシングル『裸足の女神』(1993年6月2日発売) 高画質CDジャケット画像 (ジャケ写)

B’z (ビーズ) 13thシングル『裸足の女神』(1993年6月2日発売) 高画質CDジャケット画像 (ジャケ写)

Amazonで、『裸足の女神』を購入する。

裸足の女神

中古価格
¥1から
(2020/3/22 19:47時点)

楽天市場で、『裸足の女神』を購入する。

良かったらファンの方、音楽のレビューなど書いてくださいね^ω^

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

高画質ジャケット画像.com
平均評価:  
 0 レビュー

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です