スポンサーリンク

Cornelius (コーネリアス, 小山田圭吾) 高画質ジャケ写 (ジャケット画像) まとめ (iTunesのアルバムアートワーク設定にお使いください。)

Cornelius

スポンサードリンク

 

シングル

『THE SUN IS MY ENEMY 太陽は僕の敵 』(1993年9月1日発売)

Holidays in the sun e.p. (TRATTORIA MENU.22)』(ミニアルバム・1993年9月10日発売) ○

『Perfect Rainbow(Trattoria Menu.25)』(1993年11月10日発売) ○

『(YOU CAN’T ALWAYS GET) WHAT YOU WANT』(1994年1月26日発売)

『MOON LIGHT STORY』(1994年6月25日発売)

STAR FRUITS SURF RIDER (Trattoria Menu.134)』(1997年7月2日発売) ○

Chapter 8 ~Seashore And Horizon~』(海外盤 1998年5月25日発売) ○

Point Of View Point (Trattoria Menu.237)』(2001年9月5日発売) ○

Drop (Trattoria Menu.240)』(2001年10月3日発売) ○

nova musicha n.2 CORN ELIUS (非売品CD)』 (2001年) ○

nova musicha n.3 CORN ELIUS (非売品CD)』 (2001年) ○

Drop [UK]』(海外盤 2002年4月23日発売) ○

Point Of View Point [UK]』(海外盤 2003年12月30日発売) ○

nova musicha n.5 (非売品CD)』(2003年) ○

『nova musicha n.7 (非売品CD)』(2003年) ○

nova musicha n.8 (非売品CD)』(2003年) ○

『MUSIC』(2006年8月23日発売)

『BREEZIN’』(2006年9月27日発売)

アルバム

1stアルバム『THE FIRST QUESTION AWARD (Trattoria Menu.29 Menu.46)』(1994年2月25日発売) ○

2ndアルバム『69/96 (Trattoria Menu.69 Menu.80)』(1995年11月1日発売) ○

リミックスアルバム『96/69 <地球あやうし!!> (Trattoria Menu.96)』(1996年6月9日発売) ○

FANTASMA (ファンタズマ) (Trattoria Menu.133)』(1997年9月10日発売) ○

『FM-Fantasma reMixes (Trattoria Menu.167)』(1998年11月26日発売) ○

『CM – Cornelius reMixes (Trattoria Menu.168)』(1998年11月26日発売) ○

POINT (ポイント) (Trattoria Menu.241)』(2002年1月22日発売) ○

CM2: Interpretation By Cornelius』(2003年6月25日発売) ○

『PM』(2003年7月23日発売)

SENSUOUS (センシュアス)』(2006年10月25日発売) ○

『CM3』(2009年5月13日発売)

『CM4』(2012年9月5日発売)

Constellations Of Music』(2015年8月19日発売)

Mellow Waves』(2017年6月28日発売) ◯

Ripple Waves』(2018年9月19日発売)

映像作品

DVD

FIVE POINT ONE』(2003年7月23日発売) ○

スポンサードリンク

6 件のコメント

    • 結局、ネットでいじめを非難する奴って、こういう、安易に人のことを精神異常者とかいう言葉を平気で人に投げかけられることができる、頭の悪く平易な作りの脳みその弱い人が多いんだよね。

      君みたいな人が一番本気のいじめに加担できるタイプなんだよ。
      自分の意見ではなく、大多数の意見に飲み込まれて、自分の意見のない本当のバカな人なんだろうね。

      自分と違う意見の人のことを、精神異常者だとか、差別的な言葉を平気で言える君のような人っていうのは、結局、大多数の意見と同調できたら、平気で、マイノリティの人間に対して、いじめをしてしまえるような人なんだよ。君は。
      普段は、いじめを否定するくせに、いざそのいじめの場があったら加担してるタイプだよ。君は。
      世間的な正義ってものを盾にできたら、マイノリティの人に対しては、何をしても、何を言ってもいいって言うタイプだと思うよ。

      多分

      【1990年代当時、君がもしその場にいて、精神障害者の人やダウン症の人が学校にいて、周りの人間がその子をいじめていたら、一緒になってその子をいじめてたようなタイプが君】

      です。

      「バカはあんただよ。

      いじめを容認するあんたが恐ろしいよ。

      精神異常者だね、あんた。」

      本当にこわいね。無自覚に、一番平気でいじめができそうな人のセリフだね。

      でも、頭が悪そうなコメントされる人だから、僕が言ってることが理解できてないかも。

      自分と違う意見の人のことを、精神異常者だとか、差別的な言葉を使って罵ることができる君は、本質的には、
      自分と違う障害者の方とかに対して、平気で差別的で傷つくことを言えたり、平気でいじめることができる人と全く一緒のタイプな人なわけですよ。

      僕はあなたのような、頭の悪い、無自覚にいじめをできる人がいるのを分かってるから、いじめっていうのはなくならないし、仕方ないなって言ってるわけです。

  • イジメに陰湿も何もあるのか?イジメそのものがだめっていうか、人の嫌がることをやっていたことにはかわりはない。
    イジメはなくなることは難しいかもしれないが、いじめ自体を正当化するような表現に個人的には嫌悪感を抱く。
    いじめられたこともあるから俺その気持ちわかるし、だから、ドローだよね?っていうのもどうかなと。
    人の痛みを経験で分かっているのなら、いじめ自体を肯定するのではなく、どうしたら無くそうか、いじめた側の意見はこういう気持ちだった、でも今はそれについてはどうなのかと一歩進んだ意見が欲しかった。
    音楽の才能があるからOKだよねと言っているように捉えてしまった。

    • 嫌悪感を感じていただけたというのは、何も感じないような当たり障りのない事を書いたつもりもないので、そう感じていただけてよかったんじゃないかとは思います。
      本当に個人的な意見で、本当に思ってることを書いたらこうなりました。

      イジメそのものがだめとは個人的には思えないというか、イジメはだめって簡単に言うやつが一番イジメを平気でできる人間だと個人的には思っているので。

      一対一なら喧嘩だし、多数が一人に対して、攻撃してるのがイジメの図式のわけで、
      でもイジメがだめって言ってCornelius叩いてる奴の意見って、多数派の意見に乗っかって、一人を叩いてるイジメの図式そのものだと思うし、
      イジメがだめって言ってるやつ自体がイジメをしている訳で。
      しかもCorneliusが大昔にしたことを今更持ち出してわざわざっすよ。
      馬鹿らしいと思うわけ。

      で、どうしたらイジメがなくなるか?
      的な意見を、僕が個人的に出すとしたら、

      『自分と直接関係のないやつを、人を巻き込んでまで叩いたり、叩いてるやつに同調するな』
      そういうことは、かっこ悪いことだ。
      ってみんなが個々人が自覚すること。

      とか、変な顔の人を見つけても、情報共有するな。
      だとか、言論統制っぽくなったら、イジメはなくなるかもしれないけど。

      個人的にイジメはまぁありかなって思う理由の一つに、ある意味、イジメっていうのは、多数派の意見ってものがあるから、イジメがある訳で。
      その多数派の許容範囲内のものがイジメと呼ばれると仮定すると、それを超えちゃうようなイジメは、多数派の許容範囲の枠を超えて、嫌悪感が発生して、犯罪の抑止力になるんじゃないかと。
      ある意味、多数で一者をいじめてる図式って、そのいじめている奴の中にまともなやつがいたら、許容範囲を超えたら、もうやめとこうぜってなると思うの。

      また、世の中の秩序が守られるのも、正しいと思う大多数の意見が、世の中を支配しているから成り立ってる訳で、多数の意見が支配的に、マイノリティを抑え込んでるから成立している訳で。

      そういう正義ってのは、時代・社会が成熟していくにつれて、定義が変わっていって、今の時代では、それはパワハラ・セクハラと呼ばれたり、イジメは絶対だめみたいになってるけど、過去の時代では、大多数の意見が、問題ないただの笑い話で済ませていた時代もある訳で、
      現在の定義に合わせて、わざわざ過去の出来事をほじくり出して、過去の出来事を否定している奴の頭の構造そのものが、イジメを肯定している頭の構造そのものだと俺は思うの。

      何か(いじめをしていた奴)を強く否定できる頭の構造をしてるって事は、他者を強く否定できる(いじめができる)構造をしてるってことじゃないですか?

      『音楽の才能があるからOKだよねって言ってるように捉えてしまった』

      については、Corneliusは、元々の才能もあったかもしれないけど、努力をしたからこそ、才能を発揮させて、素晴らしい音楽を作って、たくさんの人にいい音楽を届けれるようになったわけで、
      何も努力せずに、他人の過去のイジメ記事に文句言ってるだけのやつとCornelius、
      どっちが世の中を良くする事に役に立ってるかといえば、単純にCorneliusのほうだと思うわけです。

  • いじめられたこともあり、いじめを見て見ぬふりするクソ野郎だった時期もある通りすがりです。なので自戒の意味も込めて書かせてもらいます。文を拝見して同意できるとこ、できないとこなど色々あるんですが、全部触れると長すぎるのでなるべく簡潔に自分の個人的意見を書かせてもらいます…。

    いじめに関わった者(直接手を下した者、小山田圭吾のように間接的に関わった者、自分のように傍観して助けなかった者全て)はその過去の罪に付随する非難や障害を全て受け入れて生きるべきだと思う。

    親戚に体型が痩せ細ってるからという理由だけで非道ないじめを受けて人生狂わされた子もいるんで、やはりその子のその後の人生を見てると、自分の過去の過ちに対しても一切弁解の余地はないし、今突然誰かにそのことを非難されても全て受け入れるべきだろう、と思うわけです。正直、刺されないだけマシだと思う。小山田圭吾も世界で成功して今も普通に生きてるのだから。

    あと、バックドロップは普通に暴行罪だと思います。打ち所悪かったら普通に亡くなるでしょう。プロレスラーだって亡くなってるんだし。

    ブログ主さんのご意見もあるとは思いますが、一度もし自分の家族や親戚が同じ目にあった場合、たとえウンコが誇張で実は唾やおしっこだったとしても笑って済ませられるか?を考えてもらいたいな、と思って書かせてもらいました。うまくまとまらず、長文になってしまいすみません。

    あくまであのインタビューが事実だという仮定のもとに書かせてもらいましたが、本当に話を(当時の鬼畜ブーム等の影響などで)で誇張しただけで、実はお互い同意の上で大したことないおふざけしてただけなら…こんなにホッとすることはないです。

  • 先程の書き込みで一つだけ訂正させてください。

    バックドロップのくだりですが、小山田圭吾はアイデアを出しただけということなので暴行罪ではなく、幇助罪ですね。

    失礼しました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です