スポンサーリンク

Cornelius (コーネリアス, 小山田圭吾) 高画質ジャケ写 (ジャケット画像) まとめ (iTunesのアルバムアートワーク設定にお使いください。) 小山田圭吾のいじめ問題は多くの部分がデマです。

Cornelius

スポンサードリンク

シングル

『THE SUN IS MY ENEMY 太陽は僕の敵 』(1993年9月1日発売)

Holidays in the sun e.p. (TRATTORIA MENU.22)』(ミニアルバム・1993年9月10日発売) ○

『Perfect Rainbow(Trattoria Menu.25)』(1993年11月10日発売) ○

『(YOU CAN’T ALWAYS GET) WHAT YOU WANT』(1994年1月26日発売)

『MOON LIGHT STORY』(1994年6月25日発売)

STAR FRUITS SURF RIDER (Trattoria Menu.134)』(1997年7月2日発売) ○

Chapter 8 ~Seashore And Horizon~』(海外盤 1998年5月25日発売) ○

Point Of View Point (Trattoria Menu.237)』(2001年9月5日発売) ○

Drop (Trattoria Menu.240)』(2001年10月3日発売) ○

nova musicha n.2 CORN ELIUS (非売品CD)』 (2001年) ○

nova musicha n.3 CORN ELIUS (非売品CD)』 (2001年) ○

Drop [UK]』(海外盤 2002年4月23日発売) ○

Point Of View Point [UK]』(海外盤 2003年12月30日発売) ○

nova musicha n.5 (非売品CD)』(2003年) ○

『nova musicha n.7 (非売品CD)』(2003年) ○

nova musicha n.8 (非売品CD)』(2003年) ○

『MUSIC』(2006年8月23日発売)

『BREEZIN’』(2006年9月27日発売)

アルバム

1stアルバム『THE FIRST QUESTION AWARD (Trattoria Menu.29 Menu.46)』(1994年2月25日発売) ○

2ndアルバム『69/96 (Trattoria Menu.69 Menu.80)』(1995年11月1日発売) ○

リミックスアルバム『96/69 <地球あやうし!!> (Trattoria Menu.96)』(1996年6月9日発売) ○

FANTASMA (ファンタズマ) (Trattoria Menu.133)』(1997年9月10日発売) ○

『FM-Fantasma reMixes (Trattoria Menu.167)』(1998年11月26日発売) ○

『CM – Cornelius reMixes (Trattoria Menu.168)』(1998年11月26日発売) ○

POINT (ポイント) (Trattoria Menu.241)』(2002年1月22日発売) ○

CM2: Interpretation By Cornelius』(2003年6月25日発売) ○

『PM』(2003年7月23日発売)

SENSUOUS (センシュアス)』(2006年10月25日発売) ○

『CM3』(2009年5月13日発売)

『CM4』(2012年9月5日発売)

Constellations Of Music』(2015年8月19日発売)

Mellow Waves』(2017年6月28日発売) ◯

Ripple Waves』(2018年9月19日発売)

映像作品

DVD

FIVE POINT ONE』(2003年7月23日発売) ○

小山田圭吾の過去のいじめ問題で、バッシングが話題になりました。

小山田圭吾さんに悪意を持って、ロッキンオンジャパン、クイックジャパンの記事を意図的に、改竄 (かいざん) した「孤立無援のブログ」をソース元として、そもそも小山田圭吾さんに全く興味のない人たちにネット上 (主にTwitter上) で叩かれて、小山田圭吾さんが東京オリンピック2000の開会式の音楽担当から辞退しました。

この「孤立無援のブログ」の他の記事も見てみると、被害妄想のごとく、有名人を無駄に叩いてるだけの読む価値のないブログですが、それをソースに騒いでる人間もゴミみたいなものです。

ろくに原文 (ロッキンオンジャパン、クイックジャパンの記事) を読まずに騒ぐアホな人間の言い分でも、集まれば問題と捉える風潮が困ったもんだと思います。

Twitter上で、多くの人間が、原文を読んだと主張しながら、小山田圭吾さんを叩いているのを見ましたが、叩いてる内容を見たら、本当の原文 (ロッキンオンジャパン、クイックジャパン) を読んだわけではなく、原文だと思い込んで、「孤立無援のブログ」、あるいは、それに準ずるネットのゴミみたいな記事を読んで呟いたのが明らかなつぶやきばかりでした。

おそらく原文を読んだと思い込んで、小山田圭吾を批判したような人間は、嘘に嘘を重ねて生きていくんだろうと思いますが。

(外山恒一さんによるnote https://note.com/toyamakoichi/n/n15060628461a)

小山田圭吾さんの小・中学校時代の話が書かれた記事 (クイックジャパン、ロッキンオンジャパン)を、改竄し、さも小山田圭吾さんが凄惨ないじめの首謀者であるようなデマを広められ、小山田さんは東京オリンピック2000、フジロックも辞退しました。

小山田圭さんには、この新しい時代のクソみたいな新しいいじめに負けず元気でいてほしいと思います。

幸いにして、この騒動に乗っかって、ネットで騒ぐゴミみたいな人間、ネットのゴミみたいな情報をもとに小山田圭吾さんを軽薄に非難するバカな芸能人たちがあぶり出されたなという感想です。

そいつらこそが新しい時代のいじめの無自覚の加担者です。

彼らは謝罪するのでしょうか。

4+

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • 先程の書き込みで一つだけ訂正させてください。

    バックドロップのくだりですが、小山田圭吾はアイデアを出しただけということなので暴行罪ではなく、幇助罪ですね。

    失礼しました。

    0
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です