スポンサーリンク

福山雅治 (ふくやままさはる) 10thシングル『HELLO』(1995年2月6日発売) 高画質CDジャケット画像

福山雅治 (ふくやままさはる) 10thシングル『HELLO』(1995年2月6日発売) 高画質CDジャケット画像

スポンサードリンク

『HELLO』(ハロー)は、福山雅治10枚目のシングル。1995年2月6日に発売された。発売元はBMGビクター(現・Ariola Japan)。

解説

福山26歳の誕生日となる1995年2月6日の月曜日に発売された10枚目のシングル。本作から当時のJ-POPシングルとしては珍しかったマキシシングルで発売されている。

前作「IT’S ONLY LOVE/SORRY BABY」に続き、オリコンシングルチャートで初登場1位を獲得し、ミリオンセラーとなった。オリコン集計で12cmシングル(マキシシングル)がミリオンヒットを記録したのは、本作が初めてとなった。

その後オリコン累計売上枚数は約187万枚となり、福山のシングルとしては2000年に発売した15thシングル「桜坂」に次ぐヒット作品になっている。

ジャケット写真は写真家・植田正治撮影によるもの。この出会いをきっかけに、福山は植田との交流を深めていくことになる。

収録曲

全作詞:福山雅治

  1. HELLO
    (作曲:福山雅治 / 編曲:佐橋佳幸)

    フジテレビ系水曜劇場『最高の片想い』主題歌。
    ドラマのプロデューサー大多亮から「”片想い”をテーマに、アコースティック・ギターがジャカジャカ鳴っているR&Rな曲が欲しい」とリクエストされ、これまでに福山が学んできたものを全部つぎ込んで1曲作ってやろうという意気込みで制作したという[3]。自身のラジオ番組内で、ギター弾き語りの練習曲として「HELLO」を勧めたことがある。
    シングル発売当時、テレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』に出演した際に、スタッフから「本番はカメラ目線で笑顔を見せてほしい」と頼まれたため、本番で曲が歌い終わった直後にカメラ目線で笑顔を見せている。
    ミュージックビデオが制作されており、VHS・DVD『FUKUYAMANIA』に収録されている。
  2. そのままで…
    (作曲:福山雅治 / 編曲:小原礼)

    福山の作品の中では珍しく”雪”という言葉が出てくる曲である。
  3. Pa Pa Pa
    (作曲・編曲:斎藤誠)

    ダイドー「ブレンドコーヒー」CMソング。
    アレンジを見据えた曲作りから出来た1曲であるという。
  4. HELLO (Original Karaoke)
  5. そのままで… (Original Karaoke)
  6. Pa Pa Pa (Original Karaoke)

引用元:Wikipedia (https://ja.wikipedia.org/wiki/HELLO_(福山雅治の曲))

高画質CDジャケット画像

BVCR-8803

福山雅治 (ふくやままさはる) 10thシングル『HELLO』(1995年2月6日発売) 高画質CDジャケット画像

福山雅治 (ふくやままさはる) 10thシングル『HELLO』(1995年2月6日発売) 高画質CDジャケット画像

 Amazonで、福山雅治のシングルCD『HELLO』を購入する。

HELLO

新品価格
¥548から
(2018/9/5 20:26時点)

歌詞

『HELLO』の歌詞 (https://ameblo.jp/happy-like-honeybee/entry-12402967818.html)

『そのままで…』の歌詞 (https://ameblo.jp/happy-like-honeybee/entry-12402969068.html)

『Pa Pa Pa』の歌詞 (https://ameblo.jp/happy-like-honeybee/entry-124029)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です