スポンサーリンク

BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン) 7thアルバム『RAY』(2014年3月12日発売) 高画質ジャケット画像

BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン) 7thアルバム『RAY』(初回限定盤) 高画質ジャケット画像

スポンサードリンク

『RAY』(レイ)は、BUMP OF CHICKENのメジャー5作目(通算7作目)のオリジナルアルバム。2014年3月12日にトイズファクトリーから発売された。

解説

前作『COSMONAUT』から約3年3ヶ月ぶりとなるオリジナルアルバム。2013年10月29日に開催されたツアー「WILLPOLIS」の日本武道館公演のステージ上でリリースが発表された。タイトルの『RAY』は英語で「光線」を指す。

初回限定盤はミュージックビデオや2013年8月9日に行われたベストアルバム発売記念ライブの映像を収録したDVDが付属するほか、特典として初回限定盤および通常盤初回生産分に2014年3月31日に開催予定だった(同月20日に公式サイトにて藤原が肺気胸で入院していたことが判明し、延期になることが発表された)スタジオコースト公演チケット購入応募券と、同年7月31日開催予定の東京ドーム公演最速先行予約受付応募券が封入され、予約特典として外付けステッカーが付属する。

収録曲

  • 全曲作詞・作曲:藤原基央 編曲:BUMP OF CHICKEN
  1. WILL
    インストゥルメンタル。
  2. 虹を待つ人
    配信限定シングル。
  3. ray
    BUMP OF CHICKENとしては初のアルバムタイトル曲。
    最初は「記憶の光芒」というタイトルだったが、堅さを取りたかったため「光芒」の意味を含む「ray」になった。なお、アルバムタイトルはこの曲の完成後に考案されている。
    2013年のツアー「WILLPOLIS」の日本武道館公演にてサプライズとして初演奏された。また、リリースに先駆けて2014年2月18日にSCHOOL OF LOCK!にて放送された。
    ミュージックビデオが撮影され、2014年3月7日にバンドのYouTube公式チャンネルにて公開された。このミュージックビデオのディレクターは東市篤憲(A4A)が担当した。
    本作収録のオリジナルバージョンに加えて、初音ミクとコラボレーションしたバージョンも制作されており、こちらは「BUMP OF CHICKEN feat. HATSUNE MIKU」名義で本作発売日に配信限定でリリースされた。BUMP OF CHICKENとしては初のフィーチャリング・アーティストとなる。なお、初音ミクのプログラミングについては、BUMP OF CHICKENと同レーベルのトイズファクトリーに所属するkz(livetune)が担当している。
    2014年7月、テレビ朝日『ミュージックステーション』3時間スペシャルで「虹を待つ人」と共に演奏された。地上波のテレビでの楽曲の披露はこれが初めてとなった。
    2015年にはこの曲で第66回NHK紅白歌合戦に初出場した。
  4. サザンクロス
    「ray」と同じく、SCHOOL OF LOCK!にて2014年3月4日に放送された。
    本作の収録曲の中では「(please) forgive」に次いで古い曲で、2010年12月28日に録音された[10]。
    BPM216という数値は、BUMP OF CHICKENの全曲中では2番目に速いテンポである。
  5. ラストワン
  6. morning glow
    自身のインディーズの頃の未発表曲と題名が同じだが、関連性があるのか、それとも偶然被ったのかは不明。
    本作の発売直後に行われたツアー「WILLPOLIS 2014」では、本作の収録曲の中では唯一演奏されなかったが、翌2015年の夏に行われた「Special Live 2015」で初演奏された。
  7. ゼロ
    21stシングル。
  8. トーチ
    2014年3月の1ヶ月限定で復活したSCHOOL OF LOCK!のコーナー「BUMP LOCKS!」の1回目の放送(3月6日)で放送された。
  9. Smile
    20thシングル。
    本作には「ゼロ」のカップリングとなったバンドバージョンが収録された。
  10. firefly
    23rdシングル。
  11. white note
  12. 友達の唄
    19thシングル。
  13. (please) forgive
    本作の収録曲の中では最も古く、2009年に録音された。前作『COSMONAUT』に収録される予定だったが、収録時間の関係で削られた。
  14. グッドラック
    22ndシングル。
  • 隠しトラック(15曲目)に「SHODO ~書道~」が収録されている。無音が3分12秒続いた後に始まる。隠しジャケットは1枚重なった黒いシートの中にあり、歌詞は無く白いシートに墨汁が1滴落ちている。また、この墨汁をスマートフォン専用ARアプリ「BOC-AR」で読み取ると、さらに新たな隠しトラックが再生される仕掛けとなっている。

引用元:Wikipedia (https://ja.wikipedia.org/wiki/RAY_(BUMP_OF_CHICKENのアルバム))

高画質ジャケット画像

TFCC-86456 (初回限定盤 CD+DVD)

BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン) 7thアルバム『RAY』(初回限定盤) 高画質ジャケット画像

BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン) 7thアルバム『RAY』(初回限定盤) 高画質ジャケット画像

TFCC-86457(通常盤 CD)

BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン) 7thアルバム『RAY』(通常盤) 高画質ジャケット画像

BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン) 7thアルバム『RAY』(通常盤) 高画質ジャケット画像

歌詞

『虹を待つ人』の歌詞 (http://j-lyric.net/artist/a000673/l02e073.html)

『ray』の歌詞 (http://j-lyric.net/artist/a000673/l030b34.html)

『サザンクロス』の歌詞 (http://j-lyric.net/artist/a000673/l030b33.html)

『ラストワン』の歌詞 (http://j-lyric.net/artist/a000673/l030b32.html)

『morning glow』の歌詞 (http://j-lyric.net/artist/a000673/l030b31.html)

『ゼロ』の歌詞 (http://j-lyric.net/artist/a000673/l0267d2.html)

『トーチ』の歌詞 (http://j-lyric.net/artist/a000673/l030b30.html)

『Smile』の歌詞 (http://j-lyric.net/artist/a000673/l024d7e.html)

『firefly』の歌詞 (http://j-lyric.net/artist/a000673/l029fde.html)

『white note』の歌詞 (http://j-lyric.net/artist/a000673/l030b2f.html)

『友達の唄』の歌詞 (http://j-lyric.net/artist/a000673/l02439d.html)

『(please) forgive』の歌詞 (http://j-lyric.net/artist/a000673/l030b2e.html)

『グッドラック』の歌詞 (http://j-lyric.net/artist/a000673/l027688.html)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です