スポンサーリンク

The Firm (ザ・ファーム) 1stアルバム『The Firm (ザ・ファーム)』(1985年発売) 高画質CDジャケット画像 (ジャケ写)

The Firm (ザ・ファーム) 1stアルバム『The Firm (ザ・ファーム)』(1985年発売) 高画質CDジャケット画像 (ジャケ写)

スポンサードリンク

『ザ・ファーム』(The Firm)は、イギリスのロック・バンド、ザ・ファームが1985年に発表した初のスタジオ・アルバム。

背景

「レイディオアクティブ」と「サティスファクション・ギャランティード」ではポール・ロジャースがギターも兼任した。ロジャースによれば、「レイディオアクティブ」のギター・ソロは自分が弾いたとのことで、アレクシス・コーナーから教わった練習曲が元になっているという。なお、ロジャースは後年ソロ名義でのライヴでも「レイディオアクティブ」を歌っており、アルバム『Live in Glasgow』には2006年10月のライヴ録音が収録された。

「ふられた気持」はライチャス・ブラザーズのカヴァー。「ミッドナイト・ムーンライト」は、レッド・ツェッペリン時代のジミー・ペイジが作曲した「スワン・ソング」(アルバム『フィジカル・グラフィティ』制作時のアウトテイク)を改作したもので、ザ・ファーム結成前の1983年末、A.R.M.S.コンサートにおけるペイジとロジャースの共演ステージでも演奏された。

反響・評価

バンドの母国イギリスでは、本作が全英アルバムチャートで5週トップ100入りして最高15位を記録し、「レイディオアクティブ」は全英シングルチャートで76位を記録。アメリカでは本作がBillboard 200で17位に達し、第1弾シングル「レイディオアクティブ」はBillboard Hot 100で28位、メインストリーム・ロック・チャートで1位となった。続く「サティスファクション・ギャランティード」はHot 100で73位、メインストリーム・ロック・チャートで4位となり、「クローサー」はメインストリーム・ロック・チャートで19位を記録。

ブライアン・ダウニングはオールミュージックにおいて5点満点中4点を付け「クリス・スレイドはボーナムばりの重厚さでドラムスを叩き、トニー・フランクリンのフレットレスベースのラインと絡み合って、ロジャースのスムースなボーカルとペイジの織り重ねたギターの音色に奥行きをもたらした」「このアルバムは確かに、レッド・ツェッペリンと同等に優れた作品ではないが、この短命に終わったバンドから届けられた最良の作品であり、1980年代を通じて、ペイジの最も首尾一貫した作品となった」と評している。UltimateClassicRock.comの編集長マシュー・ウィルケニングは、「レッド・ツェッペリン後のジミー・ペイジの曲トップ10」を選出した際、本作から「レイディオアクティブ」を10位、「サムワン・トゥ・ラブ」を7位、「ミッドナイト・ムーンライト」を5位、「サティスファクション・ギャランティード」を2位に挙げた。

収録曲

特記なき楽曲はジミー・ペイジとポール・ロジャースの共作。曲名の日本語表記は日本盤LP (VIL-6157)及びCD (VDP-1016)に準拠。

  1. クローサー – “Closer” – 2:53
  2. メイク・オア・ブレイク – “Make or Break” (Paul Rodgers) – 4:22
  3. サムワン・トゥ・ラブ – “Someone to Love” – 4:53
  4. トゥギャザー – “Together” – 3:54
  5. レイディオアクティブ – “Radioactive” (P. Rodgers) – 2:49
  6. ふられた気持 – “You’ve Lost That Lovin’ Feeling” (Barry Mann, Cynthia Weil, Phil Spector) – 4:32
  7. マネー・キャント・バイ – “Money Can’t Buy” (P. Rodgers) – 3:34
  8. サティスファクション・ギャランティード – “Satisfaction Guaranteed” – 4:12
  9. ミッドナイト・ムーンライト – “Midnight Moonlight” – 9:13

参加ミュージシャン

  • ポール・ロジャース – ボーカル、ギター
  • ジミー・ペイジ – ギター
  • トニー・フランクリン – フレットレスベース、シンセサイザー
  • クリス・スレイド – ドラムス

アディショナル・ミュージシャン

  • スティーヴ・ドーソン – トランペット(#1)
  • ドン・ウェラー – テナー・サックス・ソロ(#1)
  • ウィリー・ガーネット – テナー・サックス(#1)
  • Paul Weimar – バリトン・サックス(#1)
  • サム・ブラウン – バッキング・ボーカル(#6, #9)
  • ヘレン・チャペル – バッキング・ボーカル(#6, #9)
  • ジョイ・イェイツ – バッキング・ボーカル(#6, #9)

引用元:Wikipedia (https://ja.wikipedia.org/wiki/ザ・ファーム_(アルバム))

高画質CDジャケット画像 (ジャケ写)

7 81239-2 (US盤)

自分が持ってるCDのジャケットをスキャンしました。

画像サイズ:1437 × 1413 (画像をクリックすると大きな画像が見られます。)

The Firm (ザ・ファーム) 1stアルバム『The Firm (ザ・ファーム)』(1985年発売) 高画質CDジャケット画像 (ジャケ写)

The Firm (ザ・ファーム) 1stアルバム『The Firm (ザ・ファーム)』(1985年発売) 高画質CDジャケット画像 (ジャケ写)

デジタルミュージック

画像サイズ:1425 × 1409 (画像をクリックすると大きな画像が見られます。)

The Firm (ザ・ファーム) 1stアルバム『The Firm (ザ・ファーム)』(1985年発売) 高画質ジャケ写

The Firm (ザ・ファーム) 1stアルバム『The Firm (ザ・ファーム)』(1985年発売) 高画質ジャケ写

Amazonで、『The Firm』(デジタルミュージック)を購入する。

The Firm

新品価格
¥800から
(2019/12/26 21:28時点)

iTunesで、『The Firm』(デジタルミュージック)を購入する。

Apple Musicで、『The Firm』(デジタルミュージック)を聴く。

良かったらファンの方、音楽のレビューなど書いてくださいね^ω^

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

高画質ジャケット画像.com
平均評価:  
 0 レビュー
0

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です