スポンサーリンク

Miles Davis (マイルス・デイヴィス) 1972年のアルバム『On The Corner (オン・ザ・コーナー)』高画質ジャケット画像

Miles Davis (マイルス・デイヴィス) 1972年のアルバム『On The Corner (オン・ザ・コーナー)』高画質ジャケット画像

スポンサードリンク

オン・ザ・コーナーOn The Corner)は、ジャズ・トランペット奏者マイルス・デイヴィスが、1972年に制作・発表したアルバム。

解説

1970年代のマイルスは、スライ&ザ・ファミリー・ストーンを意識していたと言われており、そのことが濃厚に表れたファンク色の強い内容となっている。トランペットのソロが少ないこともあり、発表当時は問題作とする声もあったが、マイルスの死後、クラブ・ミュージックの隆盛に伴い再評価された。

多数のミュージシャンがレコーディングに関わっており、シタール奏者まで含む。また、ハービー・ハンコックが呼び戻されたのに加え、既にリターン・トゥ・フォーエヴァーを立ち上げていたチック・コリア、マハヴィシュヌ・オーケストラを立ち上げていたジョン・マクラフリンも参加し、一種のオールスター・セッション的な様相を呈した。

2007年、本作収録曲の未編集ヴァージョンなどを含む6枚組CDボックス・セット『ザ・コンプリート・オン・ザ・コーナー・セッションズ』が発売された。

収録曲

全曲マイルス・デイヴィス作曲。

  1. オン・ザ・コーナー / ニューヨーク・ガール / シンキン・ワン・シング・アンド・ドゥイン・アナザー / ヴォート・フォー・マイルス – On The Corner / New York Girl / Thinkin’ One Thing And Doin’ Another / Vote For Miles
  2. ブラック・サテン – Black Satin
  3. ワン・アンド・ワン – One And One
  4. ヘレン・ビュート / ミスター・フリーダム X – Helen Butte / Mr. Freedom X

演奏メンバー

  • マイルス・デイヴィス – トランペット
  • デイヴ・リーブマン – サックス(1-4)
  • カルロス・ガーネット – サックス(6-8)
  • ベニー・モウピン – バスクラリネット
  • ジョン・マクラフリン – エレクトリックギター(1-4)
  • デヴィッド・クリーマー – エレクトリックギター(1-4)
  • チック・コリア – キーボード(1-4)
  • ハービー・ハンコック – キーボード
  • ハロルド・ウィリアムス – キーボード
  • ロニー・リストン・スミス – オルガン
  • マイケル・ヘンダーソン – エレクトリックベース
  • ジャック・ディジョネット – ドラム
  • アル・フォスター – ドラム
  • ビリー・ハート – ドラム
  • ドン・アライアス – パーカッション
  • ジェイムズ・エムトゥーメイ – パーカッション
  • コリン・ウォルコット – シタール
  • バダル・ロイ – タブラ
  • ポール・バックマスター – チェロ
  • テオ・マセロ – サックス(1-4)

引用元:Wikipedia (https://ja.wikipedia.org/wiki/オン・ザ・コーナー)

高画質ジャケット画像

Miles Davis (マイルス・デイヴィス) 1972年のアルバム『On The Corner (オン・ザ・コーナー)』高画質ジャケット画像

Miles Davis (マイルス・デイヴィス) 1972年のアルバム『On The Corner (オン・ザ・コーナー)』高画質ジャケット画像

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です