スポンサーリンク

AEROSMITH (エアロスミス) 7thアルバム『Rock in a Hard Place (美獣乱舞)』(1982年8月1日発売) 高画質ジャケット画像

AEROSMITH (エアロスミス) 7thアルバム『Rock in a Hard Place (美獣乱舞)』(1982年8月1日発売) 高画質ジャケット画像

スポンサードリンク

『美獣乱舞』(原題:Rock in a Hard Place)は、エアロスミスが1982年に発表したアルバム。スタジオ・アルバムとしては7作目。

解説

1979年のジョー・ペリー脱退に続き、1981年にはブラッド・ウィットフォードもバンドを脱退したため、オリジナル・ギタリスト2人を欠いた状態で制作されたアルバム(ただし、ブラッドは一部パートのみ参加している)。スティーヴン・タイラーは、本作でリード・ギターを担当したジミー・クレスポにエアロスミスらしい演奏を求めたため、ジミーは後年、一部の楽曲は自分でも気に入っているものの、アルバム全体に関しては、自分らしい演奏は聴けないと語っている。

本作からの第1弾シングル「ライトニング・ストライクス」は、『ビルボード』誌のメインストリーム・ロック・チャートで21位に達した。

ジミー・クレスポとリック・ダフェイは本作に伴うツアーにも参加するが、その後ジミーは脱退を決意する。そして、1984年にはジョー・ペリーとブラッド・ウィットフォードがバンドに復帰することとなった。

収録曲

特記なき楽曲はスティーヴン・タイラーとジミー・クレスポの共作。

  1. ジェイルベイト – Jailbait – 4:38
  2. ライトニング・ストライクス – Lightning Strikes (Richard Supa) – 4:26
  3. ビッチェズ・ブリュー – Bitch’s Brew – 4:14
  4. 彷徨えるボリヴィアン – Bolivian Ragamuffin – 3:32
  5. クライ・ミー・ア・リヴァー – Cry Me a River (Arthur Hamilton) – 4:06
  6. プレリュード (ジョーニーに捧ぐ) – Prelude to Joanie (Steven Tyler) – 1:21
  7. ジョーニーズ・バタフライ – Joanie’s Butterfly – 5:35
  8. ロック・イン・ア・ハード・プレイス – Rock in a Hard Place (Cheshire Cat) (S. Tyler, Jimmy Crespo, Jack Douglas) – 4:45
  9. ジグ・イズ・アップ – Jig Is Up – 3:10
  10. プッシュ・カムズ・トゥ・ショウヴ – Push Comes to Shove (S. Tyler) – 4:29

参加ミュージシャン

  • スティーヴン・タイラー – ボーカル、ピアノ、キーボード、ハーモニカ、パーカッション
  • ジミー・クレスポ – ギター
  • リック・ダフェイ – ギター
  • トム・ハミルトン – ベース
  • ジョーイ・クレイマー – ドラムス
  • ブラッド・ウィットフォード – リズムギター(on 2.)

ゲスト・ミュージシャン

  • ジャック・ダグラス – パーカッション
  • ラインハード・ストローブ – ヴァイオリン(on 7.)
  • ジョン・リヴァーノ – ギター(on 7.)
  • ジョン・トゥリ – サックス(on 8.)
  • ポール・ハリス – ピアノ(on 10.)

引用元:Wikipedia (https://ja.wikipedia.org/wiki/美獣乱舞)

高画質CDジャケット画像

CK 57368 (COLUMBIA US盤)

画像サイズ:1894 × 1882 (画像をクリックすると大きなが図が見られます。)

AEROSMITH (エアロスミス) 7thアルバム『Rock in a Hard Place (美獣乱舞)』(1982年8月1日発売) 高画質ジャケット画像

AEROSMITH (エアロスミス) 7thアルバム『Rock in a Hard Place (美獣乱舞)』(1982年8月1日発売) 高画質ジャケット画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です