スポンサーリンク

Emerson, Lake And Palmer (エマーソン・レイク・アンド・パーマー) 3rdアルバム ライブ・アルバム『Pictures at an Exhibition (展覧会の絵)』(1971年11月発売) 高画質CDジャケット画像

Emerson, Lake And Palmer (エマーソン・レイク・アンド・パーマー) 3rdアルバム ライブ・アルバム『Pictures at an Exhibition (展覧会の絵)』(1971年11月発売) 高画質CDジャケット画像

スポンサードリンク

『展覧会の絵』(てんらんかいのえ、Pictures at an Exhibition)は、イギリスにおいて1971年11月に発売されたエマーソン・レイク・アンド・パーマーのライブ・アルバム。

解説

原曲は、19世紀のロシアの作曲家モデスト・ムソルグスキーが作曲した同名のピアノ組曲「展覧会の絵」。原曲以外にもラヴェル等によるオーケストラ・アレンジがあり、日本の冨田勲もシンセサイザー音楽にアレンジしている。ELPによる本作はラヴェル版の編曲を元にしており、全パートではなく抜粋、それにオリジナル曲を追加した構成になっている。

このアルバムの発売経緯はかなり複雑である。1971年の1月から、ELPはセカンド・アルバム『タルカス』のリハーサルにとりかかっていた。それが終わってイギリス公演ツアーが行われ、3月26日には、イギリスのニューキャッスル・シティー・ホールで「展覧会の絵」を含むライブ録音が行われた。4月には初のアメリカ公演、そして5月には『タルカス』が発売されている。こうした流れの中で、「展覧会の絵」は、発売が未定のままだった。

だが、ELPの人気が高まるに連れて需要が高まり、2枚組の海賊盤(展覧会の絵を含むライブ)が出回る様になってしまった。事態を憂慮したELPサイドは10月になって海賊盤を市場から回収し、11月(アメリカでは翌年1月)に、展覧会の絵+アンコールのナット・ロッカー(チャイコフスキーの『くるみ割り人形』の一曲である「行進曲」をロック調にアレンジしたもの。実はB.Bumble & The Stingersが1962年に出したNut Rockerのカバー)という構成の1枚組アルバムとしてリリースした。

作り手にとって不本意な経緯で発売された本作だったが、売れ行きはすさまじく、実質的に新作とは言えない内容でありながら、本国イギリスではチャート3位(2位と記載された資料もある)、アメリカでは10位まで上昇している。

引用元:Wikipedia (https://ja.wikipedia.org/wiki/展覧会の絵_(ELPのアルバム))

高画質CDジャケット画像

ESM CD 342 (UK盤 1996年発売)

画像サイズ:1500 × 1500 (画像をクリックすると大きな画像が見られます。)

Emerson, Lake And Palmer (エマーソン・レイク・アンド・パーマー) 3rdアルバム ライブ・アルバム『Pictures at an Exhibition (展覧会の絵)』(1971年11月発売) 高画質CDジャケット画像

Emerson, Lake And Palmer (エマーソン・レイク・アンド・パーマー) 3rdアルバム ライブ・アルバム『Pictures at an Exhibition (展覧会の絵)』(1971年11月発売) 高画質CDジャケット画像

収録曲

  1. PROMENADE
  2. THE GNOME
  3. PROMENADE
  4. THE SAGE
  5. THE OLD CASTLE
  6. BLUES VARIATION
  7. PROMENADE
  8. THE HUT OF BABY YAGA
  9. THE CURSE OF BABY YAGA
  10. THE HUT OF BABY YAGA
  11. THE GREAT GATES OF KIEV
  12. NUTROCKER

Amazonで、『Pictures at an Exhibition (展覧会の絵)』(UK盤)を購入する。

Pictures at an Exhibition

新品価格
¥2,800から
(2019/6/3 18:09時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です